汚いワキをどうにかしたいなら!

脇が汚い。。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

脇汗

 

 

「わきを上げると薄っすら黒ずんでいる」

 

 

「脇が黄ばんでいてタンクトップやノースリーブが着れない!」

 

 

そんな悩みを解決する為、ここでは脇の黒ずみや黄ばみの原因を理解しましょう。

 

 

↓ワキ汗・わきが対策におすすめのデオドラントはこちら↓ 制汗剤

黒ずみ・黄ばみの原因は?

 

脇汗

 

 

脇の黒ずみや黄ばみの原因は主に次の3つだといわれています。

 

 

 

 

・ メラニン色素の沈着

 

 

メラニン色素は紫外線から皮膚を守る働きをするものですが、何かが原因で皮膚に炎症がおこるとメラニン色素が異常に増えてしてしまうことがあります。

 

 

普段、腕を動かす時にワキが服ですれることもありますし、ムダ毛を処理するときにカミソリや毛抜きなどで刺激してしまう場合もあります。

 

 

このような刺激を長期的に受け続けると、肌に炎症が起こってメラニン色素が異常に増加してしまうことがあります。

 

 

脇汗

 

 

また、脇の下は皮膚が薄くとてもデリケートな部分なので、負担をかけすぎると肌を守るメラニン色素が過剰に作られ、ターンオーバーで落ち切れなかったものが表皮に残ってしまいます。

 

これにより、色素が沈着して黒ずみができてしまいます。

 

 

さらに、年齢を重ねると細胞の代謝が鈍くなるので、肌再生に時間がかかり更に色素が沈着しやすくなります。

 

 

 

 

・ 皮脂や古い角質汚れ

 

 

ワキの下はたくさんの汗腺が集まっていて、体の中でもっとも汗をかきやすく、皮脂の分泌も多い部分だといわれています。

 

 

汗をかいたまま放っておくと、蒸れて雑菌が繁殖したり、皮脂や汚れがたまって毛穴が詰まったりするので黒ずみになりやすくなります。

 

 

また、臭いのケアも兼ねて制汗剤を使う人も多いと思いますが、石鹸やボディソープで落ちない強い成分を含む制汗剤を使うと、毛穴が詰まりやすくなり古い角質や皮脂が酸化して黒ずみのもとになる場合もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

・ 間違ったケア

 

 

衣服の摩擦やムダ毛処理、成分の強い制汗剤の使用、汗・皮脂による毛穴のつまりなど、ワキの下が黒ずむ原因はたくさんありがすが、ここで間違ったケアをすると黒ずみをさらに悪化させてしまいます。

 

 

例えば、黒ずみをムダ毛が残っていると勘違いして何度もカミソリで剃ってしまうと、過度な刺激によって悪化してしまいます。

 

 

また、肌だけでなく毛穴にもダメージを与えるので、ブツブツとした状態になり肌荒れにもつながります。

 

 

脇汗

 

 

 

中にはワキの下の黒ずみが気になるからといって、顔用の保湿ローションなどのスキンケア用品をむやみに使用する人もいますが、刺激により、トラブルを悪化させる可能性があるので止めましょう。

 

 

ファンデーションで隠すというその場しのぎの方法も、肌に強い刺激を与えるため行わないようにしましょう。

 

 

ワキの下はデリケートですから、強い刺激を与えていないか、毛穴が詰まるような生活を送ってないかなど、まずは黒ずみをまねく原因がないかを確認しましょう。

 

 

また、制汗剤を選ぶときは成分が強すぎず、洗ってきれいに落ちるものを選ぶようにしましょう。

 

 

↓ワキ汗・わきが対策におすすめのデオドラントはこちら↓ 制汗剤

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加