制汗剤はどのタイプ?

スプレー vs ロールオン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

脇汗

 

 

制汗剤にも色々なタイプがありますが、一般的に市販などで売られているのはスプレーやロールオンタイプですよね!

 

 

ここでは、スプレーとロールオンタイプの良い点・悪い点どちらがいいのかについてみていきましょう。

 

 

↓ワキ汗・わきが対策におすすめのデオドラントはこちら↓ 制汗剤

スプレー vs ロールオン

 

脇汗

 

 

制汗剤には使い方によっていくつかの種類があります。

 

 

大きく分けると次の4つに分けることができます。

 

 

 

 

● スプレータイプ

 

 

噴きつけるだけという超簡単な制汗剤タイプがこちら。

 

 

学校や仕事場でもトイレなどで手軽にケアすることができます。

 

 

ただ、成分が空中に飛んでしてしまうため、スプレーしている割には効果が出ないことも。

 

 

汗がでる範囲が広かったり、汗の量が多かったり、臭いが強い場合にはあまりおすすめしません。

 

 

 

 

● ロールオンタイプ、クリームタイプ

 

 

直塗りできるロールオンタイプやクリームタイプは、汗の量がおおかったり、ワキガ臭いが強い場合にも効果的。

 

 

肌の上に長時間とどまるため、塗りなおす回数が少ないので良いです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

● シートタイプ

 

 

臭いと汗を抑えると同時に汗を拭き取ることができるため、夏場だけでなくスポーツ後などにもオススメ。

 

 

また、外出先や人前でも使いやすいのが特徴です。

 

 

 

 

● パウダータイプ

 

 

肌のサラサラ感を保つには最もオススメ。

 

 

ただ、使う前に肌を水で濡らす必要がある場合もあり、ちょっぴり面倒です。

 

 

脇汗

 

 

 

これらの特徴からみると、スプレーは使うときに成分が空中に飛んでしまい、脇への効果が現れにくく、結果的に汗やにおいを抑えきれないことが分かります。

 

 

一方、ロールオンタイプやクリームタイプは肌に直接塗ることができるので汗やにおいもブロックでき、長時間効くということが分かります。

 

 

なので、効果を考えたらやはりロールオンタイプやクリームタイプがいいでしょう。

 

 

ちなみに、ロールオンタイプの制汗剤を塗って、その上からスプレータイプの制汗剤をかけるというW使いをする人もいますが、そもそもスプレータイプは空気中に散っていき効果を発揮しにくいのであまり意味がないでしょう。

 

 

また、成分同士がぶつかり合う合うことで本来発揮すべき効果が上手く働かないこともあるので、制汗剤を混ぜあうのは避けたほうが良いでしょう。

 

 

さらに、ロールオンタイプとクリームタイプにも違いがあります。

 

 

脇汗

 

 

 

・ ロールオンタイプ

 

 

スティック状になっていて使いやすい。

 

 

広い範囲を塗るのに適している。肌表面にとどまって汗とにおいをブロックするため、大量の汗をかくと流れてしまい効果が発揮できないことが多い。

 

 

 

 

・ クリームタイプ

 

 

必要な量を指に出し、気になる部分に直接塗ることができる。

 

 

余計な場所に付かないので肌への負担が少ない。

 

 

成分が肌に浸透するため、内側から汗とにおいを抑えることができ、大量の汗をかいて流れても、成分が中で働き始めているため効果が持続することが多い。

 

 

ということで、直接塗るタイプでも、クリームタイプの方がメリットが多いということが分かりますね☆

 

 

>>人気のクリーム制汗剤「クリアネオ」

 

クリアネオ

 

 

↓ワキ汗・わきが対策におすすめのデオドラントはこちら↓ 制汗剤

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加