わきがを治したいなら!

わきが臭い!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

脇汗

 

 

玉ねぎの様なモワッと鼻をつくキツイ臭いの「ワキガ」ですが、普通の汗とはどの様に違うのでしょうか?

 

 

ここでは、わきがの特徴と原因をみていきましょう。

 

 

↓ワキ汗・わきが対策におすすめのデオドラントはこちら↓ 制汗剤

わきがの原因と特徴は?

 

脇汗

 

 

一般的に体臭のキツイ人が「ワキガ」と呼ばれることが多いですが、普通の汗のニオイとの線引きはとても難しいといわれています。

 

 

ただ、セルフチェックとして自分の脇汗が普通なのかワキガなのかを見分ける方法が1つあります。

 

 

それは次の通り。

 

 

 

・ 普通のニオイ = お風呂に入って汚れを落とし、清潔にしていれば臭いは消える

 

 

・ 腋臭(わきが)のニオイ = 洗えば一時的に臭いは消えるが、また戻ってくる

 

 

 

普通の汗臭さは石鹸やボディソープでキレイに洗って、清潔に保てば悩みは解消されます。

 

 

でも、ワキガの場合は身体を洗う事で一時的に軽減は出来るものの、身体を洗うだけでは根本的な解決にはなりません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

わきがの臭いの原因には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という2つの汗腺と皮脂腺が関わっていますが、これらからの分泌物が皮膚に住んでいる常在菌によって分解され、発生するのがワキガの臭いだといわれています。

 

 

エクリン汗腺から分泌される汗は、ほとんどが水分でできているので、透明でサラッとしていてニオイはありません。

 

 

一方、アポクリン汗腺から分泌される汗は脂質やタンパク質、糖分、鉄、アンモニアなどの成分をたくさん含み、毛穴からにじみ出るように出てきます。

 

 

黄色や赤みを帯び、少し粘り気があるのが特徴で、これらの汗が皮膚の表面にある常在菌によって分解されることによって強烈なニオイが発生します。

 

 

脇汗

 

 

また、脇毛の中にこもって濃縮されたニオイ成分が、エクリン腺から出た汗によって蒸され、より強いニオイとなって拡散されると言われています。

 

 

ワキガの人はアポクリン腺の数が太く多く、身体のいたるところに分布しているという傾向があるそうです。

 

 

これらは遺伝的な要素が強く、これらの特徴を持った人がワキガ体質ということになります。

 

 

脇汗

 

 

ちなみに、アポクリン腺はワキの下以外にも陰部や乳輪にもあり、ここからもわきが臭がでることがあります。

 

 

ワキ以外から出る臭いについては「すそわきが」と呼ばれ、わきから出る臭いのみをワキガと呼ぶわけではありません。

 

 

自分がわきがかどうかは専門の医療機関で診断してもらうのが確実ですが、自分でもある程度はチェックできます。

 

 

1. 耳垢が湿っている

 

2. 衣服や下着のわきの部分が黄ばむことが多い

 

3. わき毛が多く、毛が太い

 

4. 両親や兄弟の中にわきがの人がいる。もしくは両親のどちらかの耳垢が湿っている

 

5. わきの下に常に粘り気がある汗をかきやすい

 

 

これらの条件に当てはまる項目が多いと、わきがである可能性が高くなるので一度チェックしてみてもいいかもしれません。

 

 

この様なワキガを治す為には、汗をこまめに拭き取ったり、身体をしっかり洗ったりして日ごろから体を清潔に保つことが必要人なってきます。

 

 

また、制汗剤などを使ってアポクリン汗腺から出る汗が菌によって分解されて臭いを放たないようケアしていく必要があります。

 

 

最近では、わきが専用クリームのクリアネオなど、アポクリン汗腺から出る汗を抑えながらニオイを発生させる菌を除去してくれる制汗剤も出ているので、こういった制汗剤を使いながら汗と臭いを消していきましょう。

 

 

ポイントは「継続的してケアしていくこと」!

 

 

汗と菌の出にくい環境に変えていくのにはある程度の時間がかかりますし、無理なく徐々に汗と臭いを押さえていくためには最低でも3ヶ月は使い続けたいものです。

 

 

>>クリアネオの詳細はこちら

 

クリアネオ

 

 

↓ワキ汗・わきが対策におすすめのデオドラントはこちら↓ 制汗剤

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加